FC2ブログ
 
■プロフィール

SSPメンバー

Author:SSPメンバー
SSP(Sister School Project)は日本とバングラデシュの小学校を姉妹学級として結び、両校で交流授業を実施するプロジェクトです。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■検索フォーム

■リンク
■QRコード

QRコード

9月23日イベント~イベントタイトルは?~
共創。
-----------------------------------------------------------------------------
単独の専門家では解けない問題に異分野の専門家や専門知識が、
ある種の競争と協調原理の中で、新たな合意形成や方法論を創出することを意味する。
-----------------------------------------------------------------------------

なにやら、かたっくるしく、小難しいけれど…

要は、1人であれこれアタマ使って悩みまくって考えるより、
誰かと「共に」「創造」した方が、新しい発想や解決策が見えてくるよ…という勝手な解釈。


この「共創」を強く感じた日のこと。

いよいよ1か月を切ったね。。
バングラの子どもたちが来たとき、
9月23日(木・祝)のイベントのMTGをしました。

誰に?

なにを伝えたい?

SSPの何を?何を伝えたい?

このイベントの位置付けって?報告会!?それとも…!?

つまるところテーマって?

イベントのタイトルは?

で、何をどんなカタチでやる?

全部大事!そう、考えることは沢山。
で、これらをよっこと2人で「共創」。
結果、あれよあれよとこれらが明確になってきたんです。


不思議だよね。。。


担当にさせてもらったのはいいけれど、
それこそ、今回の「バングラから子どもを呼ぼうプロジェクト」に
様々なカタチで協力いただいた人たちへの報告・感謝の会であるこのイベント。

きちんとしたものにしないと…とは当然思うのだけど、
その想いとは裏腹、ああだこうだ1人で考えるけれど、
ぐるっと回ってはぐるっと回り…具体的な前進はなかなか。。

でも、2人で話してたらあっという間。

1人が話ししたら、もう人が話しをする。
当たり前だけど、とても大事だな~と感じた。

特に仕事なんかと違って「想い」をぶつければいいから、変な調整なんか必要ない。
もちろん、足の引っ張り合いなんて全く必要なし。


ただ、これが結論じゃないから、
今度の全体MTGでSSPメンバーみんなとも「共創」させて!



先日出席した結婚式での1コマ。
出席者全員で離した風船が共演してできた「1つの絵」がいいな…と思いました。
SSPもそんな感じ。。
R0013178_convert_20100824230847.jpg


とも(28)
かれこれSSP歴7年


テーマ:海外友好・交流 - ジャンル:福祉・ボランティア

未分類 | 22:15:31 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する