FC2ブログ
 
■プロフィール

SSPメンバー

Author:SSPメンバー
SSP(Sister School Project)は日本とバングラデシュの小学校を姉妹学級として結び、両校で交流授業を実施するプロジェクトです。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■検索フォーム

■リンク
■QRコード

QRコード

2014年度プルナジョティ訪問:3日目「トリショナ&キロンのお宅訪問」
滞在3日目(11/21)は、今年の7月に日本に来て日本の小学生と直接交流をした“トリショナ”と“キロン”のお宅訪問の日です。
日本に来た時の詳細を知りたい方は過去のブログを読んでください
日本での生活との違いを比較できるかも・・・
http://welcomebangladeshi.blog11.fc2.com/blog-date-201407.html

朝日が出ると共に起きる生活も今日で3日目
だいたいここでの生活も慣れてきたころなメンバー
まずは、太陽が高いところにある内に大自然の中での水浴びをしに行く事に
そして、今日は朝から子ども達の賑やかな声でのモーニングコールがないなと思いきや今日は金曜日であったため学校はお休みだった事に気づく
IMG_2883,2
バングラデシュはイスラム国なために金曜日がお休みです
もちろん仏教系の学校であってもそれはしかり
_IGP3529.jpg
そのため学校周辺もちょっとほのぼのな雰囲気
IMG_2921,2
まぁでも、学校周辺は田園地帯なために農作業を仕事をしている人たちにとっては金曜日だろうが関係なくお仕事があるわけですが。。
_IGP3493.jpg
でも、朝はいつもよりのんびりな感じはしました
そんな事を考えながら朝ごはんを食べていると子ども達が、私たちが寝泊りをしているところに顔を出しにきました
IMG_2882,2
午前中は子ども達としきりに遊び
_IGP3509.jpg
_IGP3502.jpg
その後はいざお宅訪問という事でまずはトリショナのお宅へ
学校裏の山道を歩き何軒かのお宅を過ぎたあたりにトリショナ宅はありました
IMG_8361.jpg
お母さんやトリショナのお姉さんや妹さん達の歓迎を受け中に入るとそこには豪華な御昼ご飯が用意されていました
IMG_8364.jpg
普段はみんなも食べない様なおかずの種類ですが、私たちが来るという事で奮発してくれたみたいです
IMG_8362.jpg
_IGP3466.jpg
全て美味しくて沢山食べるのですが、食べても食べてももっと食べろとわんこそば状態でついでくれます
本当にここのおもてなし精神は日本以上だなと感じました
ご飯の後はデザートまで出してくれました
日本でも大人気のポップコーンやリンゴなど
DSCF6547.jpg
DSCF6551.jpg
DSCF6548.jpg
でも、日本に比べて全て小粒な印象でした
もちろん美味しかったです
食後のデザートを食べながらトリショナが鍵のかかった戸棚からおもむろに出してくれたのが日本滞在中に撮った写真が入ったアルバムです
IMG_2901.jpg
いつもそのアルバムを家族みんなに見せているそうで、今日も楽しかった思い出を思い出しながら一緒にその写真を見ました
_IGP3480.jpg
そのあとは、日本の子ども達にも紹介出来るようにトリショナの自宅周辺や家の中を案内してもらい
_IGP3462.jpg
_IGP3476.jpg
IMG_2909.jpg
_IGP3481.jpg
_IGP3482.jpg
IMG_8367.jpg
最後は家族全員で家の前での記念撮影をしました
IMG_8372.jpg
DSCF6557.jpg
DSCF6559.jpg
_IGP3491.jpg

そして、学校に戻り、子ども達とまた遊びながらお腹の調子を整え
DSCF6561.jpg
IMG_8381.jpg
IMG_8380.jpg

次はキロン宅訪問・・・
っとその前に、今年の7月にプルナジョティの子ども達が来て直接交流をしたイベントは実は二回目で遡ること2010年に第一回目の記念すべき直接交流が行われていたのです
その時に日本に来てくれた子どもがノナとプリオラルでした
その時のブログがこちら・・・
http://welcomebangladeshi.blog11.fc2.com/blog-date-201009.html

ノナは結婚して違う村に行ってしまい残念ながらもうプルナジョティでは会えませんでしたが、当時はまだ13歳のプリオラル少年とは再会する事が出来ました
って、もう良いお兄ちゃんで少年ではなく青年ですね
IMG_8379.jpg
プリオラルはもうプルナジョティを卒業していて離れた街で生活しながら学校に通っていましたが今回の授業の為にわざわざ来てもらいいろいろと手伝ってくれて私たちの活動をサポートしてくれたのでとても心強かったです
そんなプリオラル宅にもせっかくなので訪問させてもらいました
プリオラル宅は学校から少し離れており、丘を下っては越えてようやく到着しました
IMG_8396.jpg
IMG_8397.jpg
IMG_8398.jpg
IMG_8405.jpg
_IGP3525.jpg
_IGP3521.jpg
_IGP3514.jpg
_IGP3511.jpg
_IGP3527.jpg

さすがにもうみんなご飯は食べれないので軽食を頂いたり現地の人が愛用している水たばこを挑戦してみたりと楽しく時間を過ごし
IMG_2944.jpg
IMG_2953.jpg
IMG_8420.jpg
IMG_8413.jpg
IMG_2971.jpg
DSCF6567 (1)
DSCF6565.jpg
DSCF6569 (1)

最後は家族全員の記念撮影
IMG_8409.jpg
IMG_8410.jpg
_IGP3522.jpg

そして、お待ちかねのキロン宅への訪問です
キロンのご両親が共働きでお父さんがお店の店主、お母さんが畑仕事と忙しかったので夕方落ち着いた頃にお伺いしました
_IGP3531.jpg
お宅訪問時はバングラデシュではよくある停電中だったために家の中は暗かったでしたが、学校ではサッカーや友達と元気に駆け回るやんちゃな男の子だったキロンがお宅訪問時は沢山動いてくれて電気を用意してくれたりお菓子やジュースをお父さんのお店から沢山運んで持ってきてくれたりと働き者ぶりを見せてくれて学校とはまた違った一面を見せてくれました
IMG_8445.jpg
最後はもちろん仕事を中断してきてくれたお父さんも一緒に家族全員の記念撮影
_IGP3540.jpg

プルナジョティでの最後の晩餐は、今までお世話になっていたウドヨンさん宅でいただきました
IMG_2993,2
IMG_2996,2

この日の終わりはプリオラルなどの村の若者や学校の先生方がバングラデシュの古い歌などを歌って聞かせてくれました
DSCF6576.jpg
DSCF6577.jpg
DSCF6583.jpg
DSCF6598.jpg
DSCF6609.jpg
IMG_8466.jpg
IMG_8482.jpg
IMG_8498.jpg
SANY0013.jpg

明日(11/22)はついにプルナジョティ滞在最終日です
三日間はあっという間
とても名残惜しいですね
明日には子ども達とお別れしてまたしばらくみんなと会えなくなると思うと・・・枕を涙で濡らしながら寝た最後の夜でした
プルナジョティの夜空に綺麗に輝いている星空たちがさよなら、元気でねと言っている気がしました


===================================================
HP→sister-school-project.com
問い合わせ→ssp.sisterschoolproject@gmail.com
===================================================

未分類 | 11:26:47 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する